更年期:原因とその症状

【更年期とは?】

多くの日本人女性はだいたい50歳頃に生理が終わり、閉経をむかえます。更年期はこの閉経前後5年間、平均45歳から55際くらいまでの時期をさします。この頃になると、卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が急激に減少するため、身体がこの変化についていけず、さまざまな不調を感じるようになります。それらの症状を更年期症状といい、また、とくに症状が重く、日常生活に差し支える場合を更年期障害と呼びます。
初潮の時期がみなさん異なるように、更年期の時期、症状、その程度も 個々によりかなり大きな差があります。ホルモン分泌量は食生活やストレスにかなり左右されるため、今や、閉経が60歳近い女性もいますし、更年期が30代であらわれ、40歳前後で閉経をむかえる女性もいます。

【更年期症状と更年期障害】

更年期の症状がとてもひどく、日常生活に支障をきたす更年期障害は、更年期の女性の10から20パーセントが体験するといわれています。万一、このように症状が重く、つらく、日常生活を普通に過ごせない場合でも、婦人科専門医の心強いサポートと正しい治療により、症状はかなり緩和するので、まずは正しく更年期への理解を深めましょう。

【更年期症状の原因】

<ふたつの女性ホルモン:エストロゲンと黄体ホルモン>

「女性は子宮でものを考える」という表現があるように、女性の身体は女性ホルモンにコントロールされているといっても過言ではありません。女性ホルモンは 女性が女性らしく生きるための大きな役割を担っており、一番の役割は、生理をおこし、妊娠を維持することです。女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、このふたつがバランスよく働くことで、生理周期が保たれ、妊娠準備が繰り返されます。

エストロゲンは女性らしさを保つホルモンで、その役割は:

・肌の潤い、美肌を保つ
・髪をツヤツヤにする
・気持ちを明るくする
・記憶力を高める
・骨を強くする
・血管を強くする
・善玉コレステロールを増やし、悪玉を減らす
・代謝を促す、肥満を予防する
・子宮内膜を厚くし、妊娠環境を整える
・血流をよくし、血圧を下げ、基礎体温を下げる
・自律神経を整える

プロゲステロン(黄体ホルモン)は、妊娠に関わるホルモンで、その役割は

・子宮内膜や子宮筋のはたらきを調節し、受精卵を定着させ、維持する
・乳腺を発育させる
・血糖値を正常にする
・体内の水分量を整える
・体温を上昇させる
・食欲を増進させる
・眠くさせたり、イライラ、憂うつにさせる

2つのホルモンそれぞれが上のような役割をもち、バランスよく働くことが理想とされますが、エストロゲンは、残念ながら20代をピークに分泌量が減少を始め、その後も減少のカーブを描き続けます。すると、上にみられるエストロゲンの役割が不十分になり、肌の調子が悪くなる、骨内カルシウムが減る、などの症状が起こります。すると脳内では危険を察知し、脳から、卵巣へ女性ホルモンの分泌を促す指令が送られます。黄体ホルモンは必要量の分泌ができたとしても、エストロゲンの分泌量には限度が。毎日残業をしてがんばっているうえに、こなしきれない量の仕事をまかされれば、過労で心身ともに調子を崩してしまいます。閉経に向かって、これに似たことが体内で起こるのです。

<閉経>

閉経とは、生理が永久に停止した状態のことです。更年期には生理周期が不安定になるという過程を経て、丸1年間生理が来なかった時に閉経となります。妊娠の可能性がなくなるため、女性でなくなるという喪失感を抱く方も多いと思いますが、エストロゲンの分泌はなくとも、黄体ホルモンの分泌は続いています。ホルモンバランスが崩れることで驚いていた身体もその状態に慣れ、個人差はありますが、閉経後数年で更年期症状はなくなり、楽になります。

【更年期の症状】

更年期の症状にはさまざまなものがありますが、からだの不調 と こころの不調 のふたつに分けられます。

<からだの不調>

肩こり
頭痛
のぼせ・ほてり
むくみ
発汗
動悸・息切れ
めまい
皮膚のかさつき・かゆみ
冷え
腰痛
関節痛
しびれ
耳鳴り
頻尿・失禁
膣のドライ感、性交痛
高血圧

<こころの不調>

イライラ
不安感
うつ状態
不眠・熟睡できない
自信喪失
無気力
対人関係の悩み

ご自身に当てはまるものはありましたか? 症状のあらわれ方やその度合いには、かなり個人差がありますが、ストレスの多い現代では、女性ホルモンも影響を受け、プレ更年期であってもこのような症状があらわれるケースが増えています。自分自身ではコントロールしきれない症状にひどく悩まされる前に、女性ホルモンの影響を考え、それを疑ってみることで、無駄に、無理矢理、症状と戦うストレスも消え、正しい対処にむかえます。すぐに女性ホルモンの投与を始めなくても、食事やサプリメントで、気軽で、日常に密着した方法で対処することもできます。もしかしたら?と思ったら、まず自分自身の状態を知るために、気軽に婦人科に相談にいくことからはじめましょう。

~リンク 更年期の不調への対策を知りたい方はこちらへどうぞ

もしかしたら?と思ったら、気軽に婦人科へ、とおすすめするには、ほかにも理由があります。更年期症状と同じ症状が現れる病気もいくつかあるからです。

【ほかの病気と間違えないように】

前出のように、更年期症状はかなり多様です。更年期症状と似た症状をもつ病気もあるので、その場合には別の正しい治療が必要ですので、更年期症状と思い込まないようにしなければなりません。

<橋本病>

橋本病はバセドウ病と同じく甲状腺ホルモンに関する病気ですが、バセドウ病とは反対に甲状腺ホルモンの量が不足するため、新陳代謝が低下し、全身が老けていくような症状があらわれます。女性に起こりやすく、肌の乾燥、むくみ、無気力、頭の働きが鈍くなり、忘れっぽくなるなど、あらわれる症状が更年期と似ています。橋本病への不安、可能性がある場合には、まず内科へ、その後、内分泌科の診察を受けることになります。

<自律神経失調症>

自律神経失調症は交感神経と副交感神経の2つから成る自律神経系のバランスが崩れた場合にあらわれる症状の総称です。女性ホルモンの分泌の司令塔は、脳の視床下部ですが、視床下部は自律神経も司っているため、更年期症状と自律神経失調症の症状はよく似ています。症状が似ていても、原因が別のところにあるため、投与薬も異なったものとなります。こちらは神経科、心療内科での診察が必要になります。

<うつ>

うつ病も更年期症状と同じような症状があらわれますが、更年期とは原因が異なるため、適切な処置、投薬が必要です。うつの可能性がある場合には、心療内科へ足を運ぶことがおすすめです。

このように、更年期と同じような症状は別の病気からも引き起こされますが、更年期の場合には、必ず生理不順、閉経がみられます。生理不順にもいろいろなパターンがありますが、一般的なのは、徐々に生理の周期が短くなってきたと思ったら、その後しばらくして周期が長くなるなど不規則な期間を経て、やがて全く来なくなるケースです。生理周期に加えて、出血量も不安定になります。更年期にあたるかどうかは、婦人科での血液検査により簡単にわかりますので、症状の対処に困ったら、ひとりで悩まずに、気軽に相談にいまずは自分の状態を知りましょう。

関連記事

NO IMAGE

さまざまな更年期障害の対策方法

NO IMAGE

プレ更年期とは?

NO IMAGE

更年期女性におすすめの成分と食材

NO IMAGE

海外女性の更年期対策事情