プレ更年期とは?

更年期という言葉から、どのようなことを想像しますか?
更年期障害という言葉の存在もあり、中年期以降、高齢期前の女性が抱えるトラブルや心身の不調、「老いのはじまり」「女性でなくなる」「情緒不安定」など、ネガティブなイメージを抱く方が多いのではないでしょうか。

かなり大きな個人差がありますが、だいたい45歳から55歳くらいまで 閉経前後約5年間を更年期といいます。女性は妊娠、出産に最も適した20代をピークに卵巣の働きが少しづつ衰え始めるため、それに伴い女性ホルモンの分泌も減少し、その影響で、時間とともに不調が少しづつ現れるのです。

30代から40代の女性は、まだまだ自覚症状がなく、更年期はまだ遠い先のこと、私には無縁のこと、と思いがちですが、女性ホルモンの減少はすでに始まってるため、更年期の前、30代前後を「プレ更年期」といいます。

30代前後の更年期に入る手前の時期を「プレ更年期」といいます。

プレ更年期には、すでに女性ホルモンの減少がはじまっているため、
更年期障害によく似た症状がでる場合もありますが、症状がまったくあらわれない場合もあります。

女性ホルモンは健康だけでなく、美容にもとても関係が深く、
肌荒れ、肌のハリ、つや、身体のむくみ などにも影響を及ぼします。

女性ホルモンは年齢を重ねるにつれ減少するもの。自然の摂理といえます。
いろいろな症状があらわれることもありますが、原因さえわかっていれば、対応方法や、解決策を探すことができます。

女性ホルモンの減少をゆるやかにしたり、補うことは可能なので、更年期に対してネガティブなイメージを持つのではなく、
正しい理解のうえ、ご自身にあった方法をみつければ、エイジングケアが可能になります。
ぜひ今日からその一歩をはじめてみませんか?

【更年期を知る】

いまや日本人女性の平均寿命は80年を越え、女性の一生も長くなりましたが、女性の人生のステージは 思春期、成熟期、更年期、高齢期 の4つに分けることができます。これらの時期は身体的な変化によるものですが、すべて女性ホルモン分泌量に基づいているといっても過言ではありません。

<少しづつ変調が現れはじめる30代>

子孫を残すことは生物学的には非常に重要な行為。妊娠、出産に最適の10代後半から20代では、卵巣が活発に働き、女性ホルモンの分泌量も多いのですが、その時期を過ぎると女性ホルモンの分泌は減少の一途をたどるばかり。摂取栄養の向上により、今や35歳までが出産適齢期とされ、40代での出産率もかなり増えましたが、20代以降のホルモン分泌量の減少はいまだに避けられない不変の事実です。
30代にはいると、疲れやすくなったり、肌にハリやツヤが失われ、たるみが目立ちはじめるなるなど、小さな変調が現れ始めます。実は、このような変調は女性ホルモンと深い関係があるのです。

<更年期における一般的な症状>

疲れやすさ、や 肌のハリツヤ減少、たるみなどの肌の問題に加え、更年期症状には以下のようなものがあります。

・身体的不調:ほてり、めまい、発汗、冷え、むくみ、腰痛
・精神的不調:イライラ、無力感、うつ、不安感、不眠、自信喪失

 

<身体の声に耳を傾けて! 無症状でも女性ホルモンは減少中>

症状があれば、それに対してなんらかのケアができますが、一番注意が必要なのは、自覚症状がない場合です。気にならない程度の身体の変調は見過ごされがちですし、皮膚の乾燥やちょっとした肌荒れは、寒い季節の、夏であれば冷房による、空気の乾燥のせいと誰しもが考えるでしょう。けれども、小さな肌の変調は女性ホルモンの減少が原因となっている可能性が大きいのです。
女性であれば誰しもスキンケアに目を向けますが、肌と女性ホルモンの関係をしっかり理解すれば、さらに効果的なお手入れができ、よりよい結果が得られます。

【女性ホルモンの役割とその重要性】

女性ホルモンは美肌や美容面だけでなく、全身、そして、こころの健康とも強く関連があります。女性ホルモンという名前から、女性特有の器官との結びつきに注目しがちですが、人間の健康全般に関わっているのです。

女性ホルモンの役割は

・血管を広げることで血流を高め、高血圧症や動脈硬化を防ぐ
・体内をさびさせない抗酸化作用
・幸せホルモン「セロトニン」の分泌を高め、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌を促す
・脂質の代謝をあげ、余分な脂肪の蓄積を防ぎつつ、女性らしい体型の維持を助ける
・悪玉コレステロールの増加を抑える
・自律神経を安定させる
・カルシウムを骨の中にとどめ、骨を強くに保つ
・免疫力を高める
・髪を豊かに保つ
・乳腺の発達を促す
・女性器の活動を支え、健康な子供を産む準備を整える
・エラスティンやコラーゲンなどの生成を助けることで
関節・骨・血管・膣などを健やかに保ち、肌のハリ、ツヤ、身体の柔軟性を維持する

 

<女性ホルモンに基づくエイジングケアを!>

エラスティンは肌の弾力や柔軟性に大きく関わるたんぱく質の一種で、表皮の内側にある真皮の構成成分であるとともに、靭帯、血管、肺などの伸縮性をも担う重要な存在。
コラーゲンは繊維状のたんぱく質で、ネットのように縦横に組まれており、そのジョイント部分に伸縮性、弾性に富んだエラスティンが絡みつくように存在します。
女性ホルモンが減少すると、コラーゲンやエラスティンの生成も減り、その影響が皮膚・膣・関節・骨・血管などにもでてきてしまうのです。

エラスティンとコラーゲンは強い相互関係があり、コラーゲンの生成が活発であれば、エラスティンの生成も促進されます。プレ更年期以降の女性が肌のハリを取り戻したい場合は、まず大元である女性ホルモンにアプローチし、そのうえでエラスティン、コラーゲンなどを摂取することがベストです。

プレ更年期以降は、膣の粘膜も薄くなり、性交痛がはじまる場合もありますし、膣の自浄作用も弱くなり、膣の炎症もおきやすくなります。さらに、更年期以降になると、粘膜の減少は膀胱や尿道にも及び、弾力も失われるため、尿漏れなどのトラブルもでてきます。

いずれの問題も、もともとの原因は女性ホルモンの減少。その点をきちんとふまえるかどうかがエイジングケア成功の鍵となるのです。

【女性ホルモンを増やす4つの方法】

エイジングケア、そして、更年期症状の予防には、スキンケアをするような気軽な心持ちで、プレ更年期からホルモン対策をはじめることが大切です。対策と言うと大げさに聞こえますが、日常に密着した実践しやすいことが4つもあります。

1.恋をする

恋をすると女性ホルモンは活性します。現実の恋、そして、恋人との充実したセックスは効果大ですが、擬似恋愛や好きな芸能人にときめくだけでもかなりの効果が得られます。

2.運動

無理のない程度の有酸素運動は心身の調子を整えるためにもとても効果があります。運動そのものが女性ホルモンを増やすわけではないのですが、血流がよくなると女性ホルモンの分泌量が整うのです。

3.リラクゼーション

ストレスをできるだけ軽減し、リラックスすることもとても大切なこと。充分な睡眠や休息に加え、アロマを使っての入浴などは、女性ホルモンを整える効果を期待がきます。

4.食事

日本人女性は欧米の女性と比べると、更年期症状が軽いといわれています。
それは、日本では古くから大豆製品を食べる習慣があり、豆腐、納豆、味噌、しょうゆ、きな粉などの食品を通して、大豆イソフラボンを摂取しやすい環境にあるからです。

イソフラボンはフラボノイドの一種で、体内で女性ホルモンのような働きをします。大豆に含まれる大豆イソフラボンが広く知られていますが、基本的にはマメ科の植物に含まれています。

イソフラボンはエクオール生産菌という腸内細菌により、エクオールという成分として腸から吸収される場合と、イソフラボンそのものとして吸収される場合がありますが、エクオールとして吸収されるほうが、女性ホルモンの活性が高くなります。同じようにイソフラボンを摂取しても、エクオール生産菌を腸内にもつかどうかで、イソフラボンの効果に差がでてしまうため、体質によってはそれだけに頼ることはあまりおすすめできません。

イソフラボン以外に、カルシウムの摂取も重要です。女性ホルモンが減ると骨粗しょう症になりやすくなるからです。

<女性ホルモンを増やすサプリメント>

どなたでも安定したかたちで女性ホルモン補充効果を得られるのがサプリメントの利用です。
たくさんの種類がありますが、効果の高い成分が以下の3つです。

マカ

南米ペルー原産で、アンデス高地のとても厳しい環境に生息する植物。大地の栄養分を吸収しつくして育つため、収穫後5年から6年は同じ土地を利用できないほどです。滋養強壮効果が高く、男性の精力剤として広く知られていますが、マカに含まれるアルギニンというアミノ酸がホルモン分泌を促進、バランスを正常に整え、グルコシノレートやステロールは女性ホルモンのひとつエストロゲンに似た働きをするので、女性もその恩恵を受けることができます。

エクオール

大豆イソフラボンから生成されるエストロゲンに酷似した働きのある成分。イソフラボンよりもエストロゲン様作用大きく、エストロゲンの分泌過多になるとそれを抑える働きもします。生活習慣病や骨粗しょう症にも効果があり、更年期には1日10mgを目安にに摂取します。良質なサプリが増え、人気が高まりつつあります。

プラセンタ

プラセンタは胎盤を原料として製造された医薬品および健康食品のことです。ホルモンバランスを調整することができ、サプリメントや注射で使われます。医療機関において更年期障害の治療にも使われる成分として認可されているため、保険適用が可能です。

【まとめ】

更年期障害という言葉もあるため、更年期に対していいイメージを抱かない方が多いでしょうが、更年期は人生において誰もが通るひとつの時期。とても自然な通り道です。子供を産むという生物学的な負担から開放され、その後の人生を楽しむための準備期間なのです。
プレ更年期から、スキンケアを始めるような気軽さで、女性ホルモンの減少をゆるやかにし、補充することを考え始めれば、心身ともに調子よく、輝きながら、女性でいることをずっと楽しみ続けることができます。
食事、エクササイズ、リラクゼーション、サプリ、すべては日常に密着したこと。
ご自身に合う方法で、あなたも今日からはじめてみませんか?

関連記事

NO IMAGE

更年期:原因とその症状

NO IMAGE

海外女性の更年期対策事情

NO IMAGE

更年期女性におすすめの成分と食材

NO IMAGE

さまざまな更年期障害の対策方法