さまざまな更年期障害の対策方法

更年期になるとさまざまな不調が心身にあらわれます。これには大きな個人差があり、自覚がほとんどない方から日常に支障をきたすほどのつらさを味わう方まで、かなりの幅があります。更年期の症状が日常に問題がでるほどひどい場合を更年期障害といい、更年期の女性のうちの10パーセントから20パーセントはこれにあたるといわれています。

ご自身の症状やその程度に合わせて、食生活や生活習慣を見直す、サプリメントでホルモンのバランスを整える、漢方を利用する、医療機関でのホルモン治療を受ける、などの方法で、更年期症状・更年期障害への対策をすることができます。ここではこれら代表的な更年期対策をご紹介しましょう。

【HRTホルモン補充療法】

婦人科で診察を受けたうえで行われるホルモン補充療法のこと。基本的にはエストロゲンと黄体ホルモンの両方を使用し、更年期に激減してしまったエストロゲンを補充することで、ホルモンバランスを図り、非常につらい症状を緩和することを目的としています。副作用の可能性、そして、急に投与をやめると更にホルモンバランスが崩れる可能性があるため、きちんと診察を受けた上で、医師ときちんと相談しながら行わなければならない治療法です。現在、日本では、飲み薬、貼り薬(貼付剤)、塗り薬(ジェル)が保険適用での医師の処方が可能となっています。

<HRTができない人、注意が必要な人>

乳がん、子宮がん、血栓症の治療薬を処方されている方、肝機能障害の症状が重い方、脳卒中や心筋梗塞を起こしたことがある方は、HRT治療ができません。また、高血圧、糖尿病、子宮筋腫、肝機能障害のある方は、投与方法や投与量を調整しながら行わなければならないため、しっかりとした医師とのコミュニケーションが必要です。

【漢方療法】

ホルモン補充療法に抵抗がある方や、すでにたくさんの薬を服用されている方に利用されるのが、漢方療法です。漢方薬により、つらい症状を緩和、改善させつつ、ホルモンの減少に身体を慣らし、体調を整えます。

【運動】

ホルモンの分泌は血流やストレスにも大きく左右されます。運動、とくに無理のない有酸素運動は、血流をよくしてストレスを発散させるのにもとても有効ですし、更年期以降発症しやすい生活習慣病の予防にもなるので、一石二鳥が望めます。もっとも身近な有酸素運動がウォーキング。日光を浴びることは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDの生成にもつながり、更年期以降起こりやすい骨粗しょう症の予防にもつながります。

その他、ヨガ、ベリーダンス、フラダンスなどは、いろいろな年代の女性に人気のはじめやすいエクササイズです。クラスへ参加することで、同じような目的をもっている方々と触れ合うことは、とてもいい励みになり、気分転換にもつながります。

【食事】

マメ科の植物に含まれるイソフラボンには、体内で女性ホルモンのような働きをします。とくに大豆に含まれる大豆イソフラボンの効果の認知度は高く、海外でも注目されています。日本にはたくさんの大豆製品が身近に溢れているので、しっかり恩恵を受けたいものです。大豆、豆腐、豆乳、味噌、しょうゆ、あらゆる大豆製品を少しづつ、こまめに摂取することは、更年期の対策としてとても手軽においしくできることのひとつです。

リンク:食事についてくわしくはコチラ 

【リラックス】

女性の社会進出が進み、高い能力を発揮する女性も増えた現代。「産めよ増やせよ」だけが女性の仕事ではなくなったにも関わらず、男性の家事や育児への意識はまだまだそれに追いつかず、女性の負担は増えています。ホルモンの分泌は精神的なストレスによっても左右されるので、1日のうちにたとえ10分でも日常のストレスから離れ、こころを落ち着け、リラックスする時間をもつことをこころがけましょう。

<アロマセラピー>

アロマセラピーは芳香療法、香料治療のことで、植物から抽出された天然の精油(エッセンシャルオイル)などを使用し、病気の予防や治療、心身のリラックス、ストレスの解消などを目的とする、ヨーロッパや中東などで行われてきた伝統的な民間自然療法です。

人間の嗅覚は私たちが思っている以上に脳に強く働きかけ、効果が必要以上に強くあらわれたり、ホルモンのバランスに影響を及ぼすこともあるため、子宮筋腫、子宮がん、乳がんの疑いがある方は使用を控え、婦人科医師と相談する必要があります。

現在、アロマセラピーで使用されるエッセンシャルオイルは100種類以上あると言われています。それぞれが持つ香りは、さまざまな性質や働きをもつため、それらをきちんと理解することと、香りを試し、自分の感覚、好みにあっているかどうかをきちんと確認することが大切です。たくさんの種類のなかから、好みの香りをみつけることは、大きな楽しみであるとともに、良い効果を得るための重要な鍵となります。

リンク:アロマテラピーについてもっと詳しく知りたい方はコチラ

<身体を温める>

更年期による心身の不調は、身体を温めることで緩和、改善が期待できます。女性には女性特有の器官も備わっており、男性よりも冷えやすい身体になっているため、冷え対策は必須です。運動、身体を温める温かい飲み物や食べ物の摂取、着衣類の工夫、入浴、リラックスなど、いろいろな角度からのアプローチが可能です。

運動は前出の有酸素運動(ウォーキング)などに加え、ながらエクササイズも可能です。例えば、座っているときに、つま先を床につけたまま、かかとを上げ下げしたり、足首を回したりするだけでも、血流を促しますし、夜眠る前に、ゆったりとしたストレッチを行えば、身体を温めると同時に質のよい睡眠にもつながります。

着衣に関しては、薄着を避け、そのときの環境に対応できるよう、すぐに脱ぎ着のできるカーデガンのようなものを必ず1枚持ち歩くなどの工夫が必要です。身体を締めつけることでも血流は変わってくるので、締め付けすぎるような洋服、ベルトは避け、冷えがひどければ、腹巻、レッグウォーマー、もこもこソックスなどもぜひ利用しましょう。

入浴には40度以下のぬるめのお湯にゆったりとつかることで、身体の深部からしっかり温め、入浴後には、温まった身体を冷やさないようにも気を配りましょう。お好みの香りの入浴剤を選べば、アロマの効果でのリラックス効果も高まり、リラックスからも血のめぐりがよくなります。足先の冷えには、足湯も効果的です。

【サプリメント】

更年期に激減してしまうエストロゲンは、サプリメントの利用で補うことができます。大量のエストロゲンを食事だけで補うことはとても難しく、その方の腸内環境、腸内細菌の状態によってはイソフラボンを効率的にエクオールに変化させられない場合もあるからです。

エストロゲンは「美肌ホルモン」とも呼ばれ、美肌、髪のこしやツヤを保ち、女性らしさに働きかけます。美肌やエイジングケアを大切にするのであれば、プラセンタやエクオール・サプリメントがおすすめです。

【更年期対策とエイジングケアを同時に】

更年期の対策は、エストロゲンを摂取することでカバーできますが、含有成分にも目を向けながらサプリメントを選ぶことで、更年期対策と同時にエイジングケアをすることも最近は可能になってきました。しっかりとした研究がなされたうえで開発された製品の数々には、コラーゲンを含むもの、ビタミンを含むものなど、たくさんの種類がでてきています。ご自身の気になる部分へ働きかけるエイジングケアさえも一緒にできる、うれしい成分が含まれているものがきっとみつかるはず。ぜひ以下を参考に、胸を膨らませながらサプリメントを選んでみてください。

リンク:おすすめサプリメントはコチラ

関連記事

NO IMAGE

更年期:原因とその症状

NO IMAGE

更年期女性におすすめの成分と食材

NO IMAGE

プレ更年期とは?

NO IMAGE

海外女性の更年期対策事情